法思想史宿題

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
形式:
A4横書き(複数枚の場合左とじ)
マージンを十分にとる
先頭に学籍番号氏名日付を書く
レポート提出用紙を付ける(+)
手書きでもワープロでも自由
提出は2010年11月10日の授業開始30分以内とする
(当日差し支えの人は出席できる人に預けるか前日消印有効で大学住所宛郵送)

設問:
1) BAROCO (baroco) を例として、それがどのような判断(推論)なのか説明し、生物の例と法概念の例を挙げる。
余裕が有れば、オイラー図、ヴェン図などの表現を試みる。
2) DISAMIS (disamis) の証明を写すのでなく、見ないで、自分の言葉で試みる。
3) CAMESTRES (camestres) の証明を試みる。
4) FRESISON (fresison) の証明。
(余裕があれば、全部の証明を略記法で試みる)

証明はスコラ由来の第一格への還元を用いる。
第一格を公理として、aieo, spmcを適用して変形し、説明する。
cについては、論理の正方形によるcontradiction(矛盾)の理解から考えてみる。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 法思想史宿題.

TrackBack URL for this entry: http://www.chuo.net/mt/mt-tb.cgi/167

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by MTAdmin published on October 27, 2010 4:22 PM.

法思想史宿題 was the previous entry in this blog.

法思想史宿題 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01